納品までの流れ / アルミ・ステンレス・チタンなどの金属の精密な切削加工技術

納品までの流れ

TOP > 納品までの流れ

切削加工 依頼から納品まで

由紀精密に切削加工をご依頼いただいてから、納品までの流れをご紹介します。実際に依頼をご検討の企業様は、下記を参考にしてください。

1.お問い合わせ
こんなものを作りたい。と思った時にはとりあえず由紀精密にお問い合わせ下さい。図面がある場合でもない場合でも、まだ構想が浮かんだばかりでも、切削加工に関する事ならなんでも相談に乗らせていただきます。 依頼前のお見積もり・お問い合わせに関しては、当サイトのお問い合わせフォームよりお願いします。

2.製造可否・製造方法検討
お問い合わせをいただいた案件に関しては、そもそも製造が可能か?また、製造するとしたらどのような方法が適しているか?のご回答を致します。

3.お見積
製造方法が決まったら、必要な数量、納期、詳細仕様をいただいて、お見積を作成いたします。 図面がないものに関しては、図面の製作費用、こちらで設計が必要なものは設計費用もお見積させていただきます。

4.ご注文
お見積が満足いただけるものでしたら、ご注文をいただきます。 注文方法は、一般的な注文書をFAXあるいはメールで送っていただく以外にも、メール本文で「○○を○○個注文します。」と書いていただいても結構です。

5.納期回答
ご注文いただきましたら、弊社からご指定の納期で間に合うかどうかの回答をさせていただきます。どうしても急ぎで、他の仕事をとめないとできない場合は、特急対応の料金が発生する場合もございます(その場合は別途見積を作りなおします)。

6.材料・工具手配
納期の確認が取れましたら、材料・工具手配に入ります。 一般的な材料でしたらある程度在庫がございます。もしお急ぎの品物がございましたら、弊社の材料在庫の中から材料選択を行うと材料手配分の期間(1~5日程度)が早くなります。

7.切削加工
材料が調達できたら切削加工に入ります。製品によっては、1台の機械で終了するものもあれば、3台以上の機械をまたがって行うものもあります。弊社の機械は基本的に自動運転が可能なので、量産品は夜間、休日も連続して運転します。

8.検査
切削加工が終了した製品は、必ず検査を行います。弊社の検査には、各加工工程毎に、①初品検査、②ダブルチェック、③抜き取り検査(量産品のみ)、④終品検査、があり、工程の中で不良を出さない対策を厳重に行っています。

9.後処理
製品の中には、熱処理・メッキ等の後処理が必要なものも多いです。これら処理に関しては信頼の置ける専業の協力会社様へ依頼しております。後処理は、早いもので中1日、難しいものでは1週間程度の時間がかかります。

10.出荷検査
由紀精密で製造された全ての製品は出荷の前に出荷検査が行われ検査表はお客様のご希望により添付する事が可能です。検査結果は10年以上保存され、トレーサビリティーが保証されます。

11.梱包・出荷
錆びる可能性のあるものには防錆処理が行われ、傷のつきやすい製品は、1点1点個別で梱包し出荷します。お客様へのお届けは基本的に宅配便を利用します。神奈川・東京付近ならば手持ちでのお届けも可能です。

これら全ての工程は、社内の管理システムにより管理し、いつでも状況がわかるようにしております。ご注文いただいたものがどこまですすんでいるか?気になった時にはいつでもお電話下さい。

▲このページのトップへ